スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
これが私の生きる道

昨日までのあらすじ。


風俗に行く訳でもないのに、やけに多額のお小遣いと大きな荷物をを持って、社員旅行へ旅立った、H本くん。ビール工場では的外れとしか言い様のないお土産を買い、さて、その後の動向は如何に!?

[これが私の生きる道]の続きを読む
スポンサーサイト
One More Try

先日、おできができて死ぬ目に遭った私ですが、それが治りきらぬ内に吹き出物が顎の下に二つできました。「あれ?」と思っていたら、更に口唇ヘルペスが下唇に。「何だ、何だ?」と思っていたら、口内炎も発症。
私自身、ストレスと言うものを大して感じていない方なんですが、同じ会社の女性に「それ、絶対にストレスが原因だよ~」と断言されてしまいました。
あぁ、やっぱり私も現代人なのね。ちなみにまだ全部治りきっていません(笑)


そのストレスの原因は恐らく、社員旅行。
私が幹事で、段取りからお金の管理から社長の暴走まで一人で請け負っていたのだから、致し方ないのかもしれません。
ハッキリ言って、かなり大変でした。
時を同じくして、忘年会の手配やら会社の創立記念の記念品の発注やらで社長の顔色を伺いながら、本来の仕事以外でバッタバタしています。


さて、その旅行。一泊二日で、とある有名温泉地に行ってきましたよ。
お天気にも恵まれ、メンバーにも恵まれ、良い旅行になりました。
金・土で行って来たんですが、私の占いは金曜日が1位、土曜日が2位で、その実力を遺憾なく発揮できて、思った以上に楽しい旅になりました。

ところで、最近すっかり影が薄くなってきましたが、ここの鉄板ネタでもあるH本くんも参加しました。
H本くんの話、聞きたい~?
あのね、誤解しないで欲しいんですが、私は彼を貶めるような気持ちはこれっぽっちもなく、ただ人々を楽しませてくれる彼の才能を高く買っています。
決して中傷している訳ではないんですよ。
その事をご理解の上、H本ワールドは「続きを読む」からどうぞ!
そして私の個人的な旅行の感想は後回しにします。

[One More Try]の続きを読む
ハッスルするっす

どうも、ご無沙汰していました!(最近、コレばっかりw)
いや~、更新しようとは思っていたし、ネタもそこそこあったんですが、どうにも私の行く手を阻むなにかしらがありましてね~。テヘッ!


ま、ここ一ヶ月くらいで、一番腹の立つ事柄と言えば、食品消費期限表示偽装の問題や、サブ゙プライム・ショックの事やら・・・、ね。
食品に関しては、我が家はあんまり気にしていないので、おなかを壊さないのであればいいんだけど、赤福が食べられないっつ~のがねぇ・・・。
だって、赤福と言えば、私の全国お土産物ランキングで虎屋の羊羹と1位、2位を幼少の頃から競っていた一品ですよ。そりゃもう、衝撃よりもショック!
サブ゙プライム・ショックは~、言いたくはないけど、私のツレのetsumiちゃんに訳も分からず契約をさせられた金融商品が影響をモロに被り、利益の暴落(ミクロの世界)
投資家じゃあるまいし、利益が減ったと言っても大した事はないんですが、それでも私にとっては衝撃よりもショック!まぁ、もうちょっと放置しておくことにしていますがねぇ~。やりきれない思いはあります。


さて本題。
よく、「職業に貴賎はない」と言われていますが、これと同列に並べて言えるかどうかはわかりませんが、病気にもカッコイイ、カッコ悪いもないと言われる事も多いと思います。
でもさ、病気に限ってはあるんじゃないのかな~?


実は私、ここ数日、見せパンを身に着けています。
やだな、「見られても大丈夫な下着」って事ですよ。
で、どこで見せているのかと言うと、病院。ここんとこ、病院通いしています。
別に病気じゃないんですけど、アテローム(にカテゴライズして良いのかは何とも言えませんが)を患いまして・・・。要するに、でっかいおできです。
(注:ここを書くにあたって、アテロームをよく調べたら、手術で切除しなきゃいけないと書いてあったので、私のは軽度?それとも単なるおでき?でも病院でアテロームについての小冊子を渡されて読まされたからな~。まぁ、いいや、続けます)

何が問題かと言うと、出来た場所が問題。太ももの裏側にできたんですよ。
一般的に殿方が夏場にお尻にできると聞きますが、それがニコタンに!?と思ったら、これもまた衝撃よりもショック!
最初は虫刺されっぽくて、朝、起きてから、「自分じゃよく見えないから、虫刺されの薬をちっちして~」と母にお願いすると、「なんでお母さんが朝っぱらから人の尻ば見らんばとね!?」と、怒られました。
それくらい、いいじゃんよ~。


翌日から腫れはどんどん大きくなり、椅子にちゃんと座れない、トイレにも座れない、寝返り打つと腫れているところに触って、痛くて目が覚める、という風に日常生活にも支障をきたしていました。
患部がどうなっているのか自分からは見えないし、痛みは増す一方。
「こんなもん、膿さえ出しゃ治るっつ~の」と最初は軽く考えていましたが、それどころじゃなくなって、初めて病院に行きました。


以前、友人の旦那さんがお尻におできができて病院に行ったところ、メスで切られて、患部をヘラでグイグイ押されて、泣いて帰ってきた事がある、という話を聞いていたので、私の恐怖もMAX。しかし、行かねばならぬ、乙女道。これが、お尻にできたんじゃなくって良かったと思わなきゃ!カッコ悪すぎて、ネタにもできん!!ってトコだったんですよ。


そういう「本当にあった怖い話」を思い出しつつ、ズボンを半分下ろし、診察用のベッドにうつ伏せになり、お尻にバスタオルを掛けられた所で先生が登場。
「あら~、これは腫れてるね~。膿を出さなきゃね~。ちょっとチクッとしますよ~」と、あ~もす~もなく、メスで切開。
「ちょww、先生!!麻酔は!?」と言うと、「このくらいじゃ麻酔はしないの!麻酔の方が痛いんだから」と冷静に言われたものの、もう痛いってレベルじゃね~だろ!!殺す気か!?
診察室は仕切られた小部屋がいくつかあるんですが、フロアいっぱいに轟かんばかりに叫んでしまいました。
切られたのは一瞬かもしれないけど、その後、私から見えていない為に説明のできない激痛に何度も襲われました。


で~、コレで終わりかと言うと、果物で言うと、まだ熟していない状態だったので、膿を完全に出しきれなかったみたいで、「明日、もう一回切るかもしれないから、また明日来てね」と、にこやかに言われました。
よして翌日、♪同じことの繰り返し~と歌える余裕もなく、治療後は、かなりぐったりしました。


もうね、こんなに痛い目に遭ったのは初めてかもしれません。骨にヒビが入った時も痛かったけど、その時の痛みは鈍痛で、まだ我慢できたけど、今回はピンポイントで強烈な痛みで泣きそうになりました。痛さの種類が全然違っていました。
そんでもって、治療後に看護師のねぇちゃんが「痛がりの方(ホウ)ですか~?」なんて呑気に訊くのよ。私が痛がり云々というより、あれは誰でも同じように痛がるだろ!っちゅー話です。

今日で発症してちょうど一週間。病院通いも今日で終了した訳ですが、もう数日は自分で薬を付けて、絆創膏を貼り替えなきゃいけません。
また太ももの裏側という場所的に微妙なトコなので、自分で付け替えができないので、パジャマのズボンを下ろして、ママにお願いしなきゃいけません。
いい年して情けないと言えば情けないけど、しょうがない話。


さて、コレを読んでいる男性読者の皆様。
面白がって、私の記事を読んだかもしれませんが、どうも女性よりも男性の方ができやすいみたいですよ。しかもお尻にね。
私はこの手のおできは生まれて初めての経験したが、次はあなたの番かもしれません。ドーン!!


通院時の心の一曲:覚悟せぇ! / CONCRE

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。