スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Modern Schools of Mortoring
今年は申年、もうすぐ終わるけど。そして今日は申の日。

何でも、申年の申の日に赤い下着を身に付けると健康に過ごせるとか

何とかで、所謂「縁起物」好きな私はカレンダーに印をつけて、

きっちり守ってますよ!(笑)

流行物はどうでも良いけど、縁起物は好き。

お祓いなんかもバッチリ行きますよ。特に車ね!

「目に見えないオプション」と私は言ってますが

見えないからこそ、ちゃんとしないと!と思います。

だからこそ、四回も事故に遭ったのに大きな怪我もせず、今まで

無事に生きて来れたんだと思いますしね。

(意外と信心深い?)

今の車に買い換えて早三年。今のトコ、無事故です。

しかし!私の車は新車で購入して、納車二時間後に

オヤジにぶつけられるという憂き目には遭ってます。

二時間ですよ、二時間!

ここで質問。

あなたなら、自分の父親が悪気は全くなかったとは言え、まだ動かして

もいない新車をぶつけた事を許してあげられる度量がありますか?

私の場合、答えは当然NO!でした。

ぶつけたその瞬間、家から半径50m.は響き渡りそうな声で悲鳴を上げ、

その後泣きましたよ。マジで。

今でも根に持ってますもん。

なぜなら、「そうよ、私は蠍座の女~♪」

(そこで「ごめん!」の一言でもあったら違ったんだろうけどな~)

普段から熱しやすくキレやすい方(かな?)なんだけど

それが車の事となると、熱くなるのは普段の三倍強!

(でも車に乗ってる人って、そんな感じじゃない?)

あと、私の場合は躾とか教育がどーのこーのじゃなくって、育った

環境と言うか土壌が悪いんだと思います。

もう何て言うの?ガラが悪いのは一種の風土病!?(笑)

私が住んでいる所はN.Y.に例えたらサウスブロンクスって

感じのところだし。

だから私の車の運転がN.Y.式なのも「しゃーない」事なんですよ(笑)

しかし、かつては「34号線の女豹」と呼ばれた私も

(誰も呼んでないっつの!)

基本的には安全運転、譲り合うのが当たり前。

笑顔でどうぞ、ってなモンですよ!

ただマナーのなってない輩には即、ブチギレて

クラクションを何秒も鳴らしたりしりする事もあるような、

ないような・・・(笑)

まぁ、それは危険告知&茶目っ気って事で!

ちょっとくらいの罵声もご愛嬌♪

それは相手を心から心配してるから語調も荒くなっちゃうの。

と、まぁこんな風に思ってもいない事はどうでもよくって

世の中、免許剥奪した方が良い輩はいっぱいいるって話。

車を運転する前にその運動神経の鈍さをどうにかせい!と

言いたくなるようなね。

本っ当に車社会の枠から飛び出してるのがいたりするんだ。

「免許証」が全く意味をなさないもの!

免許を与えてもらう資格なんかないっての!

えっ?私?車がないと生活できないからですね。

運転も普通にしてますよ、お嬢さん車を(笑)

例え家計が「火の車」でもね!



今日のi-Podシャッフル一曲目:

U.S.A/THE EXPLOITED
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。