スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Swing Cat Stomp

浮 気 が バ レ ま し た ・・・

 

余計な勘繰り&心配をして下さった皆様、こんばんは。
続きを読んでくれて、ありがとうございます。お久しぶりのニコタンですw

ニコ宅は猫を二匹飼っているんですが、もう老齢ってヤツでしてね。
みーちゃんが推定14歳、みんみんが12歳。
考えたくはないけど、お迎えも近いかな~と、思うこともたまにあります。みーちゃんなんか、たまに仏壇の前にじーっと座ってる事があるんですよ。そういうのって、色々考えさせられるし、なるべく見たくない姿です。
人間のエゴと批判されるかもしれませんが、お別れの日がいつかは必ず来るという事を視野に入れて、数年前から「子猫を飼いたい」と母に訴え続けています。 そして母の回答は・・・、

「あんたが出て行くなら、子猫を飼いますが?」

って、私と子猫が同居できないんなら、意味ないじゃんよ!母ちゃんYO!

一度、里親探しの会場の近くを車で通りかかったんで、強行して連れて帰ったろうか!?と思った事もありますが、そんな事をしたら、100%私が家を叩き出されるのはわかっているので、ヘタレの私にはできませんでした。

そんな、ある日!と言うか、一昨日の帰り道。
バス停から自宅までの細い路地で出会う馴染みの猫が近付いてきました。オトナの猫で、容姿はキュートなんだけど、声が人間で言えば酒焼けしている感じ?その猫と遊んでいたら、どこからともなく細い、鳴き声が聞こえてきました。暗がりなので、なかなか姿が見えない。でも泣き声はする。どこ?どこ?と思ってキョロキョロすると、いつも間にか足下に・・・、キャ━━━(゚∀゚)━━━!!!! か・・・、かわいい!!と思わず声をあげてしまうくらいの、恐らく目が開いて、ちゃんと歩けるようになったばかりって感じの子猫がいました。
えぇ、そりゃもうこねくり回したいのは山々でしたが、そこをぐっと我慢・・・、はしてないけど、しばらく一緒に遊びました。もう、かわいーの、なんのって!!だって、手の平に乗るんですよ?
そしていい加減、帰ろうと思い、「またね」と声をかけて、その場を去ろうとすると・・・、ついてくるんですよ。嬉しいけど、本当に困りました。その子猫は毛並みも良いし、目やにもないから、栄養状態も良いと思われる。という事は母猫が近くにいて、ちゃんと世話をしているってことでしょう?そういう親子関係を引き裂くほど、私はバカじゃないですからねぇ?
スタスタ歩き出したんですが、小さくみぃみぃ鳴きながらずっとついてくるんですよ。このまま家の方に行くと、車の通りの多い道に出てしまうので、それも心配。仕方なく、もといた場所に連れて行って、それからダッシュで帰りました。 えぇ、それはもう後ろ髪を鷲掴みで引きずられるような思いでしたよ。
でも振り切りました。

しかし、それからというもの、私の心の中はその子猫でいっぱい。
あ~、子猫がウチにいたら、楽しいだろうな~、と思いつつ家路につきました。

その翌日、また同じ場所で子猫を探したけど、見当たらない。ちょっとがっかりして家に着くと・・・、普段はいるはずもない玄関に、みーちゃんがデデーンと座って、厳しい目つきで私を見ているじゃないですか。
聞こえるはずもないのにダースベーダーのテーマがB.G.M.といて流れてきました。
そして、みいちゃんは・・・、ヨソの子猫をかわいがる前に、私達をもっと大事にしなさい!と目で訴えていたのでした。そして私はじっと見つめるみーちゃんから視線を逸らし、浮気がバレた旦那のようにオドオドして、「いやーん、みーちゃん!ただいま~!」と、ご機嫌取るために、猫マッサージを一生懸命やったのでした。
ジャンジャン♪

今日のi-Podシャッフル一曲目:I Wanna Be Your Dog / The Stooges

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お、おもろい。
2008/09/04(木) 17:00:40 | URL | じゅ #-[ 編集]
じゅ様:
もしかして釣られました?(・∀・)ニヤニヤ
2008/09/05(金) 23:04:20 | URL | nico #-[ 編集]
はい。最初は釣られて見ました。

そして、なーんか他人事じゃない内容に集中して見ましたよ。

みーちゃんはカンが鋭かったのか、それともにおいにでも気づいたのか、どっちにしてもにらむ猫とは恐怖の瞬間ですな。。。
2008/09/12(金) 18:46:12 | URL | としお #8iCOsRG2[ 編集]
としお様:
多分、他の猫の匂いがしたからでしょうね~。
私はアワワ ヾ(・ω・`;)ノ チャウンデス・・・と言ってみたんですが、伝わったのでしょうか?
そしてその子猫とは二度と会うことはないようです。
毎日探していますが、チラリとも見かけないです(´・ω・`)ショボーン
2008/09/15(月) 23:33:35 | URL | nico #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。