スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Birthday Cake

外は雪!今日・明日連休!やりブーッ!!


こりゃ、引きこもるしかないでしょ(笑)


と、思いましたが友達と雪の中、ドライブ。


そしてその帰り、ケーキを買って帰ってきました。


今日はおばあちゃんの93歳の誕生日。


我が家はお誕生会をきっちりやる家庭なんですよ。


何があろうと誕生会は最優先。


家族揃って、Happy Birthdayを歌います。


お~、なんてアットホーム。


と言うか、それが普通だと思ってたんですけど、人に聞いたら


誕生会なんてやらないのが普通なんですね。知らなかった。


ちなみに私はある人に言わせると、かなりの世間知らず


らしいです。


拳は常に目の高さ、脇を締めてガッチリガードしているつもりで


生きてきましたが、ガードどころか「両手ぶらり」らしいです。


ノー・ガードで相手の懐に飛び込もうとしているらしいです。


そう言われてみれば、そんなトコもあるかも?


これまでの人生に於いて、あんまり新幹線に乗った事が


ないんですけど、乗った時、隣に座ったのがおじちゃんだったら、


ほぼ100%の確率でアイスクリームを買ってもらってました。


だから私はそういうもんだと思ってたんですが、新幹線に


乗り慣れている人にそれを言ったら、「そんな事は一度もない」と


言う意見が続々と・・・。


私は単なる厚意だと思ってたんですが、人に言わせりゃ


「そんなの下心アリアリに決まってるだろ!」との事。


そうだったんですか~。


幸い、これまでに危ない目に遭った事ないんですけど


こんなにガードの低い女が、危ない目に遭ってないのが


不思議なくらいなんだそうで・・・。


今はもう大して若くもないし、大丈夫でしょ?と思うんですが


その人に言わせると年は関係ないとの事。


女子の皆さん、危機感持ってます?


エリートヤンキー地区に住んでるけど私は平気で暗い夜道を


歩いて帰ってくるので、母に「こんな遅くに帰ってくるなら、


タクシーを使いなさい!」と怒られたりもしてます。


実際この辺、治安があんまり良くないんですよ。


ロンドンに住んでた頃は、駅から家までは人の気配が


わからなくなるので絶対にヘッドフォンを付けず、


パンチ力増加の為、右手に小銭orライターを握り締めて


帰ってきてましたけど、ここは日本。


なんだかんだ言ってもどうにかなるのでは?と思ってる辺りが


ダメらしい。まさに油断大敵ってヤツですね。


これからはホセ・メンドーサのように冷静にガードを固めます。


♪夜の私はガードが堅いの、なんつって(笑)


 


今日のi-Podシャッフル一曲目:


Forward To Death/NO MEANS NO


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。