スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Danger Zone

危機感の意識の薄い私ですが、そう言えば、今思うと


あの時はヤバかった!


数年前、イギリスにいた私は冬休みを利用して


ドイツへ貧乏旅行。往復1万円ちょっとでドイツ・ハンブルグへ


の格安チケットを取って、ガトウィック空港よりいざ出発。


その時、たまたまですがIRAのテロがあって空港は一部閉鎖。


やば~っ、と思いつつ、飛行機の搭乗待ち。


すると、ややキレ気味のアナウンスが空港内に響く。


「ミス○○(私)、速攻で△番カウンターまで!」


えっ?私?何で呼び出されてるの?と思いつつ、小走りでそのカウンターへ。


すると、怒り気味の係員のおねえさんが


「あんた!パスポート落としてどこに行く気!?」


どうやら私はチェックイン時にパスポートを置きっぱなしに


していたようでした。係員に平謝りして、無事に出国。


ドイツは極寒のハンブルグとブレーメンを周って大変楽しい旅でした。


現地から日本の友達に絵葉書を出して、イギリスに帰国後


その友達からの返事の内容は・・・。


「今、西の方もネオナチが台頭してて、ヤバイらしいけど大丈夫だった?」


それを読んでかなり青くなりました。


私と旅行に行った友達はネオナチがヤバイって事は知ってたけど


西側だから、大丈夫だろ!と、思って旅立ってたのでした。


ハイ、わかってます。日本人、バカ代表でした。


でも実際には何もなく平和な感じの街だったんですけどね。


と言うよりただ単に運が良かっただけ?


香田証生さんのような事もあるし、もうちょっと気を付けなくてはね。


もう二度とそんな軽々しい真似はしない事を心に誓った


ドイツ旅行でした。


 


今日のi-Podシャッフル一曲目:


L'Anarchie Pour le U.K./JERZIMY


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。