スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Liittle Bird Strut

割と最近まで小鳥を飼ってました。いや、育ててた?


小鳥と言っても本当にインコやら十姉妹やら飼ってた訳じゃない


ですよ。小鳥と言う名の男の子ちゃんたち(笑)。


一生懸命、餌付けしてました。


彼らの名前はLittle Bird Nation。


何を隠そう、私はM町のトップ・ブリーダーと呼ばれてましたよ。


餌?現ナマ!じゃなくて、飴を与えてました。


これで、意外となつくんですよ~。ウソだと思ってる、そこの女子!


試しにやってみて下さい!飴でも効果は大きいですよ。


(あっ、男子もやってみてはいかがでしょう?)


「餌付け」だから餌はマメにあげないとダメ。


すぐにはなつかないけど、徐々にね。


そして、なついてきたな~、と思ったら、風切り羽を切っておかないと


すぐにいなくなるので、ご注意あれ。


せっかく文鳥並みになついたかと思ってたら、気付いたら


いなくなってた、というのがコレまでに何羽もいますから。


もうがっかりしますよ。へこみます。


最近、見ないな~と思ったら遠くに渡ってますから。


最大の注意点は、邪な気持ちは絶対に持たない事。


爽やかに接する事。なかなかなつかなくても、あきらめない事。


恋愛感情?そんなの最大のタブーですよ。


じゃ、そんなの育てて楽しいのか?と思うかもしれないけど


これはこれで、楽しいんですよ。


この楽しさをわかってくれる人いるかな~?


えっ?負け犬のショタコン趣味?そんなんじゃないですよ。


私は純粋にブリーディングを楽しんでますから。


上手に育てたら、私の役に立つようになるんですよ。


その集大成が今のマネージャー(笑)


いつの間にか小鳥からマネージャーになってしまってたんだけど


ヤツもまだまだ修行中の身。アメとムチを交互に与えつつ、


日々飼育中。(調教ではないですよ、誤解のないようにね)


大きく育てよ、Yossie!でも体重は減らしとけ!(笑)


 


今日のネタは♪どこまでホントでどこからフィクション、あなたを時々


襲う疑問~♪をテーマにお送りしました。


 


 


今日のi-Podシャッフル一曲目:


Dance or Nothing/KENZI & THE TRIPS


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。