スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Prisoner~野獣を野に放て~

今日のパンダのコメントの詳細を綴ります。


その昔、我らの職場の休憩室は無法地帯でした。


考えられないと思われる事でしょうが、「お前の物は俺の物、俺の物も


俺の物」という、ジャイアニズムがまかり通っていました。


ただし暗黙の了解が一つだけあって、アイスクリームに限るんですが、


(大体、ファミリーパックとかの一箱6個入りを買って置いてました)


「持ち主が箱を開封したら、あとは勝手に食べても良い」と言う事。


イコール、開封したが最後、なくなっちゃうって事ですよ。


姑息な手段を用いるのが得意な私は、開封口から開封せず、箱の底面から


開けて、箱を寝かせて底面を冷凍庫のふちにぴったり付けて置いてました。


なので皆、イライラしながら「いつになったら開けるんだろう?」と待っていた


ようです。私の場合は作戦勝ちで被害は最小限に食い止められましたが、


こーゆー事に全く知恵が回らないのが、言わずもがな、パンダです。


パンダはシューアイスを大袋の20個入りとかを買ってきてました。


そして「1個くらいなくなってもわからないだろう」と全員が全員思っていた


ので、ふと気付いた時には残りわずか、と言う事がザラにありました。


あと、ヨーグルト味のアイスが好きで、ブルーベリー味2本、苺味2本、


プレーン2本の6本入りを買って置いてましたが、もちろん、我らは味付きの


から食べて、パンダが箱を開けた時にはプレーンのしか残ってなかったとか


なんとか(爆笑)


当然、激怒してましたよ。でも、これはお互い様であって、パンダだけが


やられてたと言う訳ではないです。


私も後で食べようと思ってた物が無くなってたりとか、しょっちゅうでしたよ。


私の場合は学習能力があって、少しずつ攻防に打ち勝っていたけど、


パンダはそれができなかったという、憎めないキャラなんですよ。


言ってしまえば、やられっぱなしの食われっぱなしだったのでした。


我らの仕事は、肩書きだけは「受付嬢」、しかし蓋を開けてみると


裏ではこんなに醜い(?)女の戦いが繰り広げられていました。


もしも、これを読んでいるあなたの彼女が、女ばかりの職場にいたと


すれば、きっとあなたの彼女もこんな事をやっている・・・、かもね!(笑)


ちなみに今は統制がとれていますよ。


だって私が休憩室番長だから☆


 


今日のi-Podシャッフル一曲目:


High Time/LITTLE BOB STORY


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。